大滝自動車工業株式会社 観光部 2018年度 運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本方針

大滝自動車工業株式会社は「人を想い人に尽くす」の理念の下、「社員の幸せの追求」と「安全・安心・快適の提供」の2つを会社の目的と定めました。
その中でも、輸送の安全の確保が最も重要であるということを深く認識し、全社員に意識の徹底を図り、安全マネジメントの維持、継続的な改善に努めます。
この考えから、次のとおり基本方針を定めます。

  1. 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
    また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  2. 運輸安全マネジメント(輸送の安全に関する計画の作成・実行・チェック・改善の一連のPDCAサイクル)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより及び全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

輸送の安全に関する重点施策

安全方針に基づき、次の項目を踏まえた取り組みを重点施策とする。

  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する費用の支出及び投資を、積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずること。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これらを的確に実施すること。

輸送の安全に関する平成29年度の実績と平成30年度の目標

平成29年度は、無事故、無違反を達成いたしました。
基本方針に基づき達成すべき成果として、第22回安全管理会議において社長から輸送の安全に関する目標について話しがあり、平成30年度の目標を次のとおり定め、具体的な行動を講じてまいります。

  1. 全社的な目標
    • 「無事故・無違反・安全運航の完遂」
    • 「道路交通法の遵守」
  2. 交通事故・交通違反件数の削減
    • 重大事故………「ゼロ」
    • 人身事故………「ゼロ」
    • 車内事故………「ゼロ」
    • 交通違反………「ゼロ」
    • 行政処分………「ゼロ」
  3. 輸送の安全に関する具体的な計画
    • 毎年1回、運転安全マネジメントを行う。
    • 毎年1回の内部監査、NASVA安全マネジメント講習会内部監査編を受講した当社内部監査員が、社長と安全統括責任者にインタビューを行う。
    • 毎月2回、安全管理会議と運転者教育を行う。
    • 毎年1回、運転者に対してSAS(無呼吸症候群)スクリーニング検査を行う。
    • 毎年1回、バスジャック訓練を行う。
    • 毎年1回、運転者、ガイド、添乗員は応急手当講習を受講している。
    • 年4回、ドライブレコーダーの映像解析を行っている。

情報連絡体制の確立

  • 安全会議を毎月2回開催し、事務所内で情報を共有します。
  • 報告連絡体制図を作成します。(別添、指示命令系統参照)
  • ヒヤリハット情報を収集して、全社員で共有します。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

SAFETY BUS

国の基準に従うのはもちろんですが、当社では内部監査もしっかりと行い、常に運行の安全に心を配っています。 そういった取り組みを続けてきたこともあり、貸切バス事業者の安全性を評価する「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で星一つを獲得しました。 法律以上の安全基準をつくり、それをきちんと守っている姿勢が認められたのです。

当社のバスは運行を始めてから17、8年になりますが、いまだに人身事故はありません。 いまの時代は、ひとつの事故で会社の存亡にも関わってきます。 当社は安全運転に細心の注意を払っています。

事故防止のために

ドライブレコーダーやデジタルタコグラフ、衝突防止システム(モービルアイなど)、アルコールチェッカーなどのハード面強化を進めるとともに、日常点検はもちろん、月2回の安全会議、運転手教育、消防署様にご協力いただきAEDを使った救急講習など、ドライバーのレベルアップにも力を入れております。

ドライブレコーダー
ドラレコ講習
安全会議
運転手教育
救命講習
宿泊用アルコール検知器
消火訓練
点呼・アルコールチェック
内部監査
日常点検(エンジンチェック)
日常点検(タイヤの緩みチェック)
非常口講習

これからも、お客様を安全に目的地までお送りするために、取り組んでまいります。